カテゴリ

40代でやってはいけない髪型とは!?若く見えるお手入れが楽な髪型を紹介♪おばさんぽくないボブ・ミディアム・ロングヘア

 40代でやってはいけないに髪型は、毛先に動きがなく重たい、トップがぺたんこ、パーマのかけすぎで固まっているなどがあります。

さらに、髪が痛んでつやがないバサバサの状態だととっても痛い!

40代になると、肌が衰えるのと同じように頭皮も衰え血行が悪くなってきます。

血行が悪くなると毛根に栄養が行き渡らず薄毛、細毛、白髪になったり、つやとハリが消えてパサパサになりやすくなります。

髪がバサバサだと横に広がったり、毛先の動きが感じられなかったりと....おばさんぽい髪型に向かう負のスパイラルへまっしぐら。

いつまでも若いころと同じ気持ちで髪型を考えているとまずいです!

40代になったら、髪型の工夫やヘアケア対策は女性として避けられません。

この記事では、少しでも若く見えるお手入れが楽な髪型のポイントをボブ、ミディアム、ロングヘアに分けてご紹介します。

ポイント

・40代でやってはいけない髪型は、何といっても「間違った痛いパーマ!」強すぎに注意!

・40代でも若く見えるお手れが楽ちんな髪型!ボブ・ミディアム・ロングヘア別に紹介。

・40代でおばさんぽくない髪型を維持するにはヘアケアが必須!対策とヘアケア商品の紹介。

40代でやってはいけない髪型!!痛いパーマと思われないための3つのポイント

40代でパーマを間違った方法でかけないために気を付けることは、この3つ。

パーマの強さ、髪の色、そしてパーマからのダメージをおさえるヘアケアです。

パーマの強さ

強すぎるパーマ、根元からかけるパーマは、40代ではやってはいけない髪型です。

今どきのパーマは、年齢にかぎらず、ナチュラル&エレガントがキーワード。

パーマがとれそう、長持ちさせたい、という気持ちはわかりますが、強めのパーマはおすすめしません。

強めのパーマをかけることによって、全体的に横に広がり頭が大きくみえるリスクもあります。

おすすめは、くせ毛に見えない程度のゆるめのナチュラルパーマです。

また、薄毛や細毛のためにボリュームを出したいという方は、「エアウェーブパーマ」はいかがでしょうか。

「エアウェーブパーマ」とは、文字通りエアリーで風になびくようなふわふわ感がでるパーマです。

「デジタルパーマ」は熱でしっかりとしたカールを作ります。

それに比べて、「エアウェーブパーマ」は、温風の力でカールをやさしく固定します。

薬剤も、従来のパーマに比べて弱めです。

特に、ボリュームがないネコ毛の人は「エアウェーブパーマ」で根元をしっかりと立ち上げ若々しさを!

髪の色

黒髪にパーマをかけると、それだけで重たい印象になり、頭全体が大きく見えてしまいおばさんぽくなりがち。

黒色が強い髪の方は、明るめのカラーリングをパーマの前にしておくと若く見えます

また、強めのパーマをかけて個性を出したいという方は、カラーリングの色を明るめにすれば軽い印象に。

強めのパーマはリスクが高いですが、腕のいいスタイリストを見つけて、オシャレで若々しい髪型を目指すというのもアリですね。

いずれにしろ、髪の質感と色感に気を付けて、若々しい雰囲気が出るようスタイリストとよく相談してください。

パーマからのダメージをおさえるヘアケア

パーマをかけると髪に負担がかかります。

40代ですでに髪質が弱くなっている髪には、ダメージを最低限におさえるようヘアケアは必須です。

特に、カラーリングとパーマをかける場合、髪の毛にダブルダメージを加えてしまう可能性も。

お家でのトリートメントはパーマ後も念入りに行いましょう。

また、美容院でパーマをかけた時についでにトリートメントもお願いすれば安心ですね。

お値段はちょっと高くなりますが、自分への投資だと思ってプロにまかせるのも時にはいいのでは?

40代でも若く見えるお手入れが楽な可愛い髪型♪ショート、ミディアム、ロング別に紹介

40代でも若く見える可愛い髪型には、ナチュラル感、ソフト感、エアリー感が欠かせません。

しかし、実際40代以上の人でよく見かけるのが、古いヘアスタイルで昭和な雰囲気の髪型..。

ぱっくり割れた前髪や、生活感が出た後ろで1つ結び、髪全体が真っ黒で重すぎる髪型は間違いなく老けて見えます。

絶対に避けましょう。

40代の今どきの髪型は、

・自然なヘアーフォルム

・女性的な丸み

・毛先のゆれ感 

がマストです!

ここで、少しでも若く見えるお手入れが楽な髪型のポイントを、ボブ、ミディアム、ロングヘアに分けてご紹介します。

ボブ

ボブは、お手入れが簡単な上、大人の可愛らしさを最大限に引き出せる髪型です。

また、清潔で知性的な女性の雰囲気を出しやすく誰でも似合いやすいです。

毎日のお手入れが一番楽な髪型はショートヘアだとよく言われます。

でも、ショートヘアは髪が伸び始めるとすぐに髪型がくずれてしまいます。

ですから、忙しい中、美容院に行かなくてはならなくなる回数が多くなるのが困りもの。

こまめに美容院に行けない方、行きたくない方には、ショートヘアの代わりにボブがおすすめです。

気を付けなくていけないのは、直線ストレート、末広がり型をしたヘルメット型のおばさんボブ。

間違ってもおばさんボブにならないように以下のポイントに注意してくださいね。

大人の可愛らしさを強調した髪型を目指しましょう。

若く見えるボブのポイント

・首元をすっきりさせた短めのボブがおしゃれ。

・首の後ろ生え際ギリギリぐらいの長さだと清潔感が出る。

・耳のまわりに適度にレイヤーを入れて全体的に丸みを出すと落ち着く。

短めのボブで、大き目のイヤリングをすると若々しくなりますよ。

髪の長さが肩について、台形のような「昭和型」は古くさく見えるので気を付けてください。

また、長くすると、髪の重さでトップがペタンコになりがち。

トップがふわふわとした「立ち感」のあるボブに仕上げましょう。

仕上げは、ワックスやオイルをほんの少し毛先につけて、軽やかなイメージに。

清潔感たっぷり、大人の可愛らしい女性を演出できます。

ミディアム

ミディアム(セミロング)の髪型は、女性的なやさしさが引き出せる髪型。

ある程度長さがあるので、レイヤーを入れたりゆるいパーマをかけたりと色々なアレンジができます。

また、夏はおしゃれなポニーテールなどの結びアレンジもできて楽しいですね。

気をつけてほしいのが、レイヤーなしのパサパサ状態で横に広がっているおばさん髪型。

適度にレイヤーやカールを加えて、軽やかな毛先の動きを出すとふわふわ可愛い髪型に。

以下の点も参考にしてくださいね。

若く見えるミディアムのポイント

・長さは、鎖骨あたりに毛先がかかるぐらいがおすすめ。

・毛先だけゆるいカールがあるとエレガントに。

・クセがある人は、ウルフカットなどでクセ毛をうまく利用したナチュラルレイヤーで自然な髪の流れを。

・ストレートの人は、つや感を出すことが若々しい髪型に一番大切。

・毛先に適量のオイルをつけて全体敵にふんわり、エアリーで軽やかなイメージを作る。

また、今流行の前髪にオイルをつけた「シースルーバング」の前髪は、40代には痛い髪型になりがち。

若作りに見られる可能性があるので気をつけてください。

ミディアムは、レイヤーの入れ方やパーマのかけ方、さらに髪の結び方で色々なアレンジが楽しめるのもいいですね。

ロングヘア

お手入れが大変そう!と思いがちなロングヘアですが、実は髪型の上ではショートやミディアムよりも楽なんです。

これは、私が行きつけているヘアスタイリストの方が何度も言っていました。

ショートやミディアムよりも髪の重さがあるので、横に広がることも少なく全体的にまとまりやすくなります。

ただし、白髪染めや髪のつやとハリをキープさせることを忘れないでください。

パサパサで髪の色が均一でないと、不潔感が出ます。

白髪と髪のつやとハリのお手入れができる人は、ぜひ挑戦してほしい髪型です。

女性らしさを一番引き出せるエレガントな髪型は、なんといってもロングヘアですよね。

若く見えるロングヘアのポイント

・長さは、胸にかかるくらいまでが上品にまとまるポイント。

・レイヤーを下の方に軽く入れて重さを軽減する。

・髪の重さでトップがつぶれがちになるのでブロー時に根元を立たせる。

・ワンカールなどの大きなカールを作り、全体に流れるような髪の動きを出す。

全体的にやわらかくパーマをかけて大きなウエーブで抜け感が出せれば、今どきで若く見える髪型になります。

また、明るめの色のヘアカラーでより軽やかなイメージに。

40代のロングヘアは、白髪やつやとハリをキープできれば、より大人の女性の魅力が引き出せる髪型です。

40代でおばさんぽくない髪型を維持するためのヘアケア

おばさんぽくない髪型を維持させるためには、何といっても髪のつやとハリ。

つやとハリがある髪の毛は、健康的で若く見えます。

つやとハリを維持するために、おうちでできるヘアケア対策とトリートメントなどのヘアケア商品をご紹介します。

おうちでできるヘアケア対策

シャンプーはこれらの注意が必要!

1.40℃以上の熱すぎるお湯で洗わない。体温に近い36度くらいのぬるま湯で。

2.シャンプーは手で泡立ててから頭につけ、頭皮をつめなどで傷つけないように洗う。

3.シャンプーのすすぎは念入りに洗い落とす。

4.タオルドライはやさしくやわらかく。髪をこすらずに、両手でそっと押さえつけながら乾かす。

5.タオルターバンで巻かない。

濡れている髪の毛はキューティクルが傷つきやすいので、髪の摩擦や引っ張りを起こしやすいタオルターバンはやめましょう。

また、巻きっぱなしはニオイの原因にも。

雑菌が繁殖するので気を付けましょう。

頭皮マッサージでつやとハリを回復

40代になると、血管の老化にともない毛根に栄養が行き渡らなくなりがち。

ですので、週に1回ほど頭皮マッサージをおすすめします。

マッサージで毛根部に刺激を与え、毛根部の細胞を活性化させることで髪のつやとハリの回復が可能です。

頭皮マッサージ方法

・こめかみの辺から頭頂部に向け両手で頭全体をマッサージします。

・指の腹で地肌を引き上げるように押します。

・マッサージの強さは「イタ気持ちいい」ぐらいで。

・湯船につかりながら、首の根元や肩のマッサージといっしょに行うと血行がさらによくなり効果的です。

ドライヤー

・タオルドライをしっかりした後、洗い流さないトリートメント剤などをつけます。

・トリートメント剤などで、温風や髪の毛の摩擦からのダメージをふせぎましょう。

・根元→毛先の順にドライヤーで乾かします。

・ドライヤーを左右にゆらしながら、温風をあてます。

キューティクルは下に向かってうろこ状になっているので、上から下に温風をあてることでキューティクルを整えることができつやがでます。

また、ドライヤーを小刻みに動かしながら温風をあてることで、毛の一部が高温になりすぎないように気を付けます。

ヘアケア商品

ここでは、ドライヤーをかける前に必需品の「洗い流さないトリートメント」をご紹介します。

シャンプー後は、正しく乾かし、正しいヘアケアで髪のつやとハリをキープしましょう!

1.haru(ハル) ヘアミネラルエッセンス 150ml 100%天然由来 柑橘系の香り アウトバストリートメント ミスト 髪 美容液

\\Amazonブラックフライデー★開催中!//
Amazon

シャンプーした後、髪の毛の水分をタオルでやさしく拭いて、髪の毛全体にまんべんなくヘアミネラルエッセンスをスプレーしなじませます。

2~3分そのままにして、ドライヤーで乾かしてください。

ヘアダイや紫外線で傷んだ髪を修復し、サラサラにさせます。

2.アズマ商事 ツバキ油の 洗い流さないトリートメント 130g / 今治タオル付き 椿油

ドライヤーの前に適量をつけるヘアオイル 。

ツバキ油やオウバクエキスの天然成分が、ドライヤーの熱で痛みやすい髪と頭皮を守ります。

髪の毛を保湿し、うるおいと輝きを保ちます。寝ぐせ防止としても使えます。

まとめ

ポイント

・40代で痛いパーマにならないためにはパーマの強さ、髪の色、ダメージをおさえるヘアケアに注力する。

・40代でも若く見える可愛い髪型のためにナチュラル、ソフト感、エアリーな軽やかさを出そう!

・40代でおばさんぽい髪型にならない秘訣は何といっても髪のつやとハリ。

・シャンプー・ヘアドライの方法に気をつけて頭皮マッサージでつやとハリをキープ!

40代になると、老化とともに髪質や量が変わってくることはだれにでも起こること。

でも、あきらめないで!

パーマの方法や、ヘアカラーの色の選択、髪の長さやスタイルで工夫のしどころは満載です。

若作りでなく、あなたらしい年齢に合った髪型や髪の色を見つけて大人の可愛さを演出してくださいね。