カテゴリ

フリクションのインクが出ないときに!今すぐ復活させる方法と原因を解説

フリクションのインクが出なくなったときに1番有効な復活方法は、ペン先を水につけることです。

インクが出なくなったフリクションが、すぐにすらすらと書けるようになります。

フリクションはボールペンでありながら、書いた文字をこすると消えるというとても使い勝手がいいボールペンですよね。

ただ温度の変化によって変わる特殊な添加物がインクに使用されているため、通常のボールペンよりも書ける量が少なくなっているのが特徴です。

インクは同じ量に見えていてもフリクションのインクの減りが早いため、ペンを買い替えるときはコスパもいい替え芯がおすすめです。

\\Amazonブラックフライデー★開催中!//
Amazon

そんな人気なフリクショのインクが出ないときに、すぐに復活できる方法とその原因を今回解説します!

フリクションのインクが出ない!すぐできる復活させる方法3選

フリクションのインクが出なくなったときに、すぐに復活できる方法を3つご紹介します。

なぜインクが出ないのかは、そのときのフリクションの状態で変わってきますが、この3つの水につける、冷凍する、振り回すでフリクションが復活できます!

油性ペンの復活方法である、温めることは逆効果になるのでフリクションには絶対にしないでください。

水につける

1.水で濡らしたティッシュを準備する。

2.フリクションのペン先を濡れたティッシュの上を転がす。

これはすぐにフリクションのインクが復活する方法で、インクが出ないときには、まずは水につけるを試してみてください。

冷凍庫で冷凍する

1.フリクションを冷凍庫に1日入れて凍らせる。

2.フリクションを取り出して、2時間ほど自然解凍する。

油性のボールペンであれば温めると復活しますが、フリクションは冷やすことが効果的です。

時間は少しかかりますが、復活の可能性は高いのでぜひお試しください。

振り回す

1.ビニール袋にフリクションを入れ、ビニール袋の口を持って回す

2.試し書きをして、書けなかった場合は何度が繰り返す

インクの芯に空気が入っている場合は遠心力を活用して空気を抜くことが必要になります。

フリクションのインクが出ない原因

インクはまだあるのに、フリクションのインクが出ない原因で考えられる理由は3つあります。

「インクに水分が少なくなって固まった」「インクが無色透明に変化した」「インクの芯に空気が入っている」の3つです。

インクの水分が少なくなって固まった

フリクションは水性のボールペンのため、水分がなくなるとインクが固まりやすいんです。

油性ペンに比べ、フリクションのような水性ペンは乾燥しやすいため、使用後はペン先を収納することが長持ちの秘訣です。

インクが無色透明に変化

フリクションは、温度の変化によって変わる特殊な添加物がインクに使用されており、60℃以上の熱でインク消える性質を持っています。

フリクションで書いた文字が消えるのは、ペンの後ろでこすることによって、摩擦で熱くなりインクが消えて見えるんです。

温度でインクの見え方が変わってしまうので、大切な書類や契約書のサインには絶対に使わないように注意してください。

空気が入った

これはどんなペンでも起こりうることですが、インクの芯に空気が入ってしまうとインクはあるのに文字が書けなくなります。

ボールペンは常に下向きで使うことを想定されていますが、水平や上向きにして文字を書いたりすると重力の関係で、インクではなく空気が入ってしまいます。

収納時ペン先が上に向いた状態も、空気が入りやすくなるので気をつけましょう。

フリクションのインクが新品なのに出ない!?正しい保存方法

水性であるフリクションの保存方法は、この2つに注意が必要です。

直射日光や高温を避ける

乾燥させないように、使用後はペン先を収納する

フリクションのインクは、60度を超えるとインクが無色透明になるという性質を持っているため、温まる場所は極力避けて保管しましょう!

また水性のフリクションは、水分が少なくなってしまうことでインクが固まってしまうため、水分をいかに蒸発させないかが大切です。

フリクションを長持ちできるように、この2つは特に注意しましょう!

フリクションボールペンの使い心地が気に入っているのでしたら、このような4色ボールペンを一つ持っておくととても便利です。

持ち替えずに色を変えられるのは楽ですし、ペンケースもすっきりしますよ♪

こちらはフリクション4色0.38で一番安かった(2022年9月現在)のでぜひチェックしてみてくださいね。

\\Amazonブラックフライデー★開催中!//
Amazon

まとめ

  • 水につける、冷凍する、振り回すでフリクションは復活できる
  • フリクションのインクは特殊な添加物が使われているためインクの減りが早い
  • 水分が少なくなるとインクが固まりやすい
  • フリクションの保管は乾燥と高温に気を付ける
  • 大切な書類や契約書にはフリクションを絶対使わない

フリクションは水につける、冷凍する、振り回すで復活できます。

ペンの状態によって解決方法は異なりますが、この3つのどれかで解決できます。

油性ペンの復活方法である温めることは、フリクションは逆効果になるので絶対にやってはダメです!

温めることで無色透明になり、なおさら復活から遠のいてしまいます。

そして、高温でインクが消えるフリクションは、大切な書類や契約書には向いていません。

ボールペンとは言っても、周囲の環境で変化するフリクションはやめましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事