カテゴリ

ファンデーションテープは薬局に売ってる!?傷あざタトゥーやキスマークを隠したいときは肌かくしーとが使える!

ファンデーションテープは薬局やドンキホーテに売っています。

ですが、実際のところファンデーションテープを薬局で見つけるのはかなり難しいです。

数件はしごしても見つけられないほど取り扱っている薬局はまだ少なく、品揃えのいい大型の薬局やドンキホーテでしか見かけないことがほとんどです。

品揃えがよく手軽に購入できる方法は通販です。

ファンデーションテープの公式サイトでも購入できますが、アマゾンや楽天など通販でも手軽に購入ができます。

注文してから手元に届くのもかなり早く、薬局をはしごして見つけるよりも手に入りやすいです。

今回はファンデーションテープのみならず、肌をカバーできる優秀なアイテムをご紹介します。

\\\お買い物マラソン中★買い回りでポイント最大42倍//
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

ファンデーションテープは薬局に売ってる?売り場は?

薬局でもファンデーションテープは購入できます。

ただ基本的にふらっと薬局に行って、ファンデーションテープを見つけるのはかなり難しいです。

品揃え豊富の大型店の薬局でしか見かけないことがほとんどです。

ファンデーションテープの購入場所は、通販がおすすめです。

ファンデーションテープの公式サイトでも購入できますが、アマゾンや楽天でも品揃えが豊富です。

市販のファンデーションテープで評判が良いのは肌かくしーと!!

自然に隠せる優秀なファンデーションテープですが、市販のファンデーションテープの中で、評価良いのは肌かくしーとです。

肌かくしーとの口コミで1番多いのは「使用感がファンデーションテープによく似ている」という点です。

ファンデーションテープと同様に、自然に肌をカバーできる使用感が人気で評価がとても高いです。

さらにウォータープルーフ仕様で約1週間も長持ちするテープは、コスパもよくうれしいですよね。

100均にもファンデーションテープが販売されていますが、「自然にカバーできず、浮いてしまう」という口コミが多いのでおすすめはしません。

ファンデーションテープで隠せるものは傷、あざ、タトゥー、キスマークなど

ファンデーションテープで隠せるものは、傷やあざ、タトゥー、キスマークはもちろんニキビ跡も隠すことができます。

ファンデーションテープにはさまざまな種類がありますが、隠したい色の濃さに合ったファンデーションテープを使いましょう。

しかし自分の肌色に合うファンデーションの色を見つけるのはなかなか大変だと思います。

お試しで全色1枚ずつ入っているセット売りもされているので、単品ではなく全色セットでまずはあなたに合う色を見つけるのがおすすめです。

肌色に合ったファンデーションテープじゃないと、かえって目立ってしまうので気をつけましょう!

傷・あざ・キスマーク

薄めの傷には、こちらのファンデーションテープがおすすめです。

より密着感が高く、貼っていても気にならず、自然にカバーできるとても優秀なアイテムです。

こちらでタトゥーは隠すことができないので、購入の際は注意してください。

タトゥー・濃い傷あと

タトゥーや色の濃い傷跡は、傷跡用ではカバーしきれないので購入するときは、注意が必要です。

こちらのように中央の部分がより色が濃くなっているものじゃないとカバーしきれません。

隠したいところがファンデーションテープの中央部分(色の濃くなっている)に収まる大きさのもの選ぶのがポイントです。

グラデーション部分は透けてしまう可能性があるので、大きさ選びが重要です。

シミ・小さな傷

顔のシミや小さな傷跡におすすめな、2cmほどの丸型タイプもあり、顔にはこちらの大きさがおすすめです。

身体であっても小さな傷であればこの大きさで十分カバーできて、不快感も少なくすみます。

大きすぎると目立ちやすくなってしまうので、隠したい傷の大きさにあったファンデーションテープを選びましょう!

まとめ

  • 薬局でファンデーションテープを見つけるのは難しい
  • ファンデーションテープは通販での購入がおすすめ
  • 隠したい用途に合わせてテープの種類を選ぼう
  • 肌色に合ったファンデーションテープを
  • 市販でおすすめは肌かくしーと

ファンデーションテープは薬局でも購入可能ですが、見つけることが難しいので品揃え豊富な通販での購入がおすすめです。

大型の薬局やドンキホーテには置いてる可能性は高いので、近くにある方は一度行ってみるのもいいかもしれません。

ファンデーションやコンシーラーで隠すとどうしても色移りが心配になります。

ファンデーションテープは気になるところをすごく自然に隠してくれて、色移りの心配も不要な優れものアイテムです。

露出の多い場面で、傷やあざが気になり本当に着たい服を避けてしまうのは勿体無いですし、何より悲しいですよね。

ファンデーションテープをうまく活用して、自然に肌をカバーしつつ思う存分楽しみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事