カテゴリ

アメリカ家電のプラグが日本のコンセントに入らない!!大きい方を削るのは大丈夫!?日本で使う方法

「アメリカ家電のプラグがコンセントに入らない!!」

アメリカのサイトでアメリカ家電を購入したことがあります。

日本国内で買うより安く手に入れることができたため、とても上機嫌でした。

楽しみにしていた家電が家に届き、いざ使おうとするとコンセントに入らないという問題に直面してしまいました。

コンセントの形状が日本と同じ二口であることを確認して購入したのにです。

日本のコンセントと同じ二口のプラグであるにも関わらず、使用不可であることは予想外でした。

日本製品のプラグをよく比較をしてみました。そうすることで使えない理由がわかりました。

アメリカと日本のではコンセントの規格が違うことが原因でした。

せっかく買ったのだからどうにかして使いたいですよね!

アメリカ家電を日本で使う方法

  • 専用の変換プラグを使用する
  • アメリカ家電のコンセントプラグの大きい方を削る

今回は日本とアメリカのコンセントの違いを説明した上に、アメリカ家電を日本で使う方法を紹介します。

アメリカ家電のプラグは日本のコンセントに入らない?アメリカ家電のプラグは片方大きい

アメリカと日本では電圧に差があります。そのためそれぞれの国の電圧にあったプラグの形状となっています。

ではどのように違うのかを説明していきます。

電圧の違い

アメリカの電圧は日本の電圧よりも大きいです。

三口プラグであるアメリカ製のドライヤーを使うために、変換プラグを利用する必要があることは聞いたことがあるのではないでしょうか。

問題なく使用はできますが、風量が弱いです。その原因として日本の電圧はアメリカの電圧よりも低電圧であることが挙げられます。

日本の電圧は100Vであるのに対し、アメリカの電圧は120Vです。

電圧が日本では弱いため、アメリカ家電の性能を完全に発揮することができないのです。

コロナ禍になる前はよく海外旅行へいきました。アメリカにもいったことがあります。アメリカへ海外旅行に行く際、日本から日本家電を持っていきました。

その際に日本製の日本の電圧用に製造された電化製品をそのまま使おうとすると、アメリカの高電圧に耐えられず焦げた匂いがしたり、最悪火がつくなど故障の原因になると旅行前のリサーチからわかりました。

使うことはできるのですが、家電が壊れるだけでなく、火事の原因にもつながるため私は必ず変換プラグを準備します。

※ノートブックパソコンなどのように、低電圧に変換してから電圧を電化製品内部に誘導するものもあります。

その場合は変換プラグは必要としません。電圧の異なる国で使用する際は一度説明書を読んでみることをオススメします。

アメリカ家電と日本家電のプラグの違い

プラグの三角マークを要チェック!

アメリカにも二口のプラグがありますが、日本と微妙に形状が異なります。

日本のプラグはAタイプといわれるものが一般的です。2つの金属部分のプラグが並行に付いています。

一方でアメリカ家電のプラグには2種類あります。日本と同じように平たい2つの金属部分のプラグと、この2つのプラグにくわえて丸い金属部分がついた三口のプラグがあります。

平たい2つの金属部分の形状が日本とアメリカでは少し異なっています。3口のプラグは、日本の形状とは違うため、日本では使えないのではと疑問に思うと思います。

しかし金属部分が2つであるプラグのものはしっかり見なければ、普段日本で使用しているものと同じ形状であると勘違いしてしまう可能性があります。

アメリカ家電のプラグの方は2つある平たい金属部分のうち1つが少し大きい作りとなっていることに注目しましょう。

アメリカ家電を日本で使う方法

アメリカ家電を日本で使うには専用の変換プラグを使用すれば使えます。

「せっかく安くアメリカ家電を手に入れたのに、変換プラグって高価なものではないの?」

と心配になるかもしれません。しかしそこまで高価なものではありません。

ヤフーショッピングなどを利用すれば1000円前後で購入することができます。

\\Amazonブラックフライデー★開催中!//
Amazon

ただし、日本の電圧はアメリカに比べ弱く、アメリカ家電の性能が十分に発揮できない可能性があります。そこは仕方ない諦めるべきだと思います。

アメリカ家電のコンセントプラグの大きい方を削るのはあり?

アメリカ家電のコンセントプラグの大きい方を削るのは「あり」です。

コンセントプラグの大きい方を金属用のヤスリなどを利用して小さい方に合わせましょう。2つの金属部分が同じサイズになれば利用することが可能です。

ただし削りすぎや、削った際にコンセントプラグを折ってしまう危険性もあります。そのため上記に述べた変換プラグを購入することをオススメします。

まとめ

  • アメリカ家電のプラグは日本家電と違うため、そのままでは利用できない
  • アメリカ家電のプラグを日本で使うための対応
    • 変換プラグを使う
    • 金属部分の大きい方を削る

アメリカ家電のコンセントが入らないと、使用を諦めようと思うかもしれません。しかしその必要がないことがわかりました。

アメリカ家電の中には日本向けに製造されたものもあります。そのため、購入する際にはそういったものも検討しても良いかと思います。