カテゴリ

本ページは広告を利用しています。

告白された時の断り方を知る中学生版!例文紹介や手段別方法まで解説!

告白をされたけど、どのように断ればいいんだろう?と中学生になると、このような悩みもでてきますよね。

告白の断り方は、嘘をつかずに、自分が思っていることを正直に伝えましょう。

中学生になると部活や勉強、また恋愛などいろんなことに関心があり、忙しい時期でもあります。

ましてや、付き合う気もない相手から告白されたら、悩みが一気に増えてしまいますよね。

また、相手を傷つけたくないという思いがあり、ここはできるだけ相手を傷つけずに断ろうと思いますが、告白を断る時点で、相手が傷つかない方法なんてありません。

ただ、相手に失礼がないように、極力傷つけずにすむ方法はありますよ!

ここでは、中学生向けに告白の断り方や例文の紹介傷つかない対応手段別の方法まで一気にご紹介していきます。

告白での上手な断り方の中学生版!3つのポイントを知ろう

告白をされた時の上手な断り方は、どのような方法なのでしょうか?中学生向けに今から解説していきます。

感謝の言葉を言う

「ありがとう。」と告白してきた相手に感謝の言葉を伝えましょう。中学生の思春期の子にとっては、とても勇気がいる行動です。

「告白をしてくれてありがとう。」と一言付け加えるだけでも、なかった時に比べると断った後の印象が変わってきます。

はっきりと断る

期待をもたせるような言葉は避けましょう。付き合う可能性がないならば、その場ではっきりと断るほうが親切です。

嘘をつかないこと

嘘の理由をつくと後にバレてしまいます。上手な断り方は、嘘をつかずに本当のことを言いましょう!

以上で中学生版の上手な断り方を解説いたしました。次は例文を紹介していきます。

告白された時の断り方の例文6つを紹介!

告白をされた時、どんな理由で断ればよいのかな?できれば断り方の例文を知りたいな。

告白をされた時にどうやって断ろうかと悩みますよね。なかなかよい理由が思いつかない人は、以下の断り方の例文を参考にしてみてください!

付き合っている人がいる

今現在付き合っている人は、本当のことを伝えましょう。

「今付き合っている人がいるんだよね。だからあなたとは付き合えないんだ。」

「今○○君(○○ちゃん)と付き合ってるんだよね。だからあなたの気持ちには答えられないんだ。」

付き合っていることを伝えると、相手も付き合っている人がいるならあきらめようと考えます。

しかし、あなたがもし別れた場合、相手が別れた話を聞いて、もう一度告白をしてくる可能性もあります。

その時は、また以下の例文を参考にして上手に断りましょう。

好きな人がいる

好きな人がいる場合も、そのまま伝えてもよいですね。

「そんな風に思っててくれて嬉しいよ。だけど今好きな人(気になる人)がいて○○君(○○ちゃん)とは付き合えないんだ。」

「実は私(僕)は、○○君(○○ちゃん)のことが好きなんだ。どうしてもその人のことをあきらめたくないんだよね。」

好きな人がいる、付き合っている人がいる場合は、相手が存在するので、あきらめやすくはなります。

しかし、あなたの好きな人が、彼氏又は彼女ができてしまった場合などは、相手にとってはチャンス到来!と思い、再度告白をしてくる可能性が高くなります。

その時も、以下の例文を参考にしてくださいね。

友達のままでいたい

今まで友達だった相手から告白された場合、少し驚きますよね。

「○○君(○○ちゃん)とは恋愛対象には見れないんだ。昔から気が合う友達で、今はその関係のままでいたいんだよね。」

「○○君(○○ちゃん)とは、何でも相談してきた仲で、大切な友達なんだ。恋愛関係よりもずっと親しい友達でいたい。」

【友達】というキーワードを強く伝えることが大切ですよ。

もしかしたら相手にとっては、断られたので、友達には戻れないなどの返事が来る可能性もあるかもしれません。

そこで友達を一人失ってしまうこともありますが、付き合えないのは事実のため、ここはきっぱりと告白を断りましょう。

部活又は勉強が忙しくて、今はそちらを優先したい

中学生は部活や勉強が忙しい時期です。また、大きな大会や高校受験を控えていると、そちらを優先したくなりますよね。

「今は○○大会が近いんだよね。それに向けて練習をがんばりたいの!だから今は恋愛できません。」

「志望校の○○高校を目指しているの。絶対にその高校に合格したいから、今は勉強に集中したい。」

しかし、大会が終わってしまった、高校受験の合否がでたなど、結果がでてしまった場合も再度告白をされる可能性もでてきます。

付き合う気がないならば、その後もきっぱりと断りましょう。

よく知らない

知らない相手から告白をされると、正直困りますよね。

「あなたのことをよく知りません。よく知らない人とは付き合うことができません。」

「あなたのことをよく知らない。あなたのことを少しでも知ってから考えさせて。だからまずはお友達からでもいい?」

「よく知らないので付き合うことができない」という言葉は、相手から「これから私(僕)のことを知ってくれませんか?」という返答が返ってくるかもしれません。

そのような返事が来た時は、お友達からスタートしてみましょう。

そこから、相手の性格や価値観などわかった上で、付き合う気がなければ、きっぱりと断りましょう。

恋愛する気にはなれない

過去の恋愛をひきずっていることや、先程述べたように、部活や学業を優先したいなどの理由で、恋愛する気がないことをはっきりと伝えましょう。

「○○君(○○ちゃん)のことが忘れられないんだよね。だからまた新しく恋愛する気にもなれないんだ。」

「失恋してから日も浅いんだよね。だから○○君(○○ちゃん)のことは考えられないんだ。」

実名を出した方が、相手にとってはあきらめやすくなりますよ。

断り方の表現はさまざまありますが、あなたが当てはまる理由を選んで、上手に断れるといいですね。

以上で、告白をされた時の断り方の例文をご紹介いたしました。

次は告白の断り方で傷つかない対応を紹介していきます。

告白の断り方で傷つかない対応5つを紹介!

告白の断り方で相手が傷つかない対応ってなんだろう?

告白をしてきた相手に、失礼のないように断ることも大切です!ここでは、告白の断り方で相手が傷つかない対応を一気にご紹介していきます。

相手の告白をからかったり、嫌がる素振りをみせる

告白をしてきた相手に、このような対応をしてしまうと、相手はとても傷つきます。自分自身に置き換えてみてください。

あなたも告白をして、相手からかわれたり、嫌がる素振りをされたら嫌ですよね。絶対にしないように心がけてください!

曖昧な返事をする

先程、告白の上手な断り方で「はっきり断る」ことをお伝えしましたね。

曖昧な返事は期待を持たせてしまうことや、相手にとってもどう解釈してよいかわからないので、このようなお返事はやめましょう。

断るときに理由を伝えない

「ごめんなさい」だけでは、何が原因で断られているのか、相手にとってはわかりません。断り方としては、ちゃんと理由を伝えましょう。

しかし相手の性格や容姿を否定することだけは、絶対にしないでください!

まわりに言いふらす

告白をされたからといって、まわりに言いふらすのはやめましょう。

告白した相手にとっては、まわりに知られていると、とても恥ずかしい気持ちになります。学校にも行きずらくなってしまいますね。

告白されたことは、できるだけあなただけの秘密にしましょう。

無視をする

告白をされた後、相手と気まずくなりますよね。

気まずいからといって、無視をしたり、避ける行動はやめましょう。相手にとって無視をされることや避けられる行動をされると傷つきますよ。

自分から声をかける必要もありませんが、何かしゃべりかけられたり、聞かれたりしたら普通に答えましょう。

以上で、相手を傷つかない対応5つをご紹介いたしました。

次は、告白の断り方で手段別の方法を紹介していきます。

告白の断り方で手段別の方法を紹介!

告白の断り方の手段としては、相手の方法に合わせましょう。

直接告白をされたら、返事は直接伝える、LINEで告白をされたら、返事はLINEで断りましょう。

返事の期間は、なるべく早くしてください。遅ければ遅いほど断りにくくなってしまいます。

期間は1~2日までで、それ以上かかってしまう場合には、相手に○日まで考えさせてくださいなど、日にちをちゃんと伝えてください。

直接会ってからの断り方

顔を見て話すので、相手にとって誠意が伝わります。しかし、どうしても恥ずかしい、できないとなれば、電話にしましょう。

電話は相手の顔は見れませんが、声で伝えるので、こちらも誠意が伝わる印象です。

電話での断り方

電話をする時は、伝えたいことをメモしてから電話をしましょう

緊張してしまい、途中で何を話していいかわからなくなってしまうこともあるため、事前準備は大切です。

LINEでの断り方

LINEでは既読がつくので、相手に伝わったのも確認できます。また、タイミングもこちらで送れるので、一番簡単な手段になります。

手紙での断り方

手紙を渡すときは、直接相手に渡しましょう。机の引き出しに入れる、靴箱に入れるなどの行為はやめましょう。

第三者に見られる可能性もあるので気をつけてください。

友達伝えでの断り方

友達伝えで相手から告白をされたときだけです。基本は自分の言葉や文章で返事をしましょう。

友達を介して返事をしてしまうと、間違った内容などで伝わってしまう可能性もあります。

以上で告白をされたときの手段別の方法をお伝えしました。

まとめ

  • 告白の上手な断り方は、感謝の言葉を伝えましょう
  • 告白の上手な断り方は、嘘をつかずに、はっきりと断りましょう
  • 告白の断り方で、相手の告白をからかったり、嫌がる素振りをみせるのはやめましょう
  • 告白の断り方で、理由はちゃんと伝えましょう
  • 告白の断り方で、曖昧な返事をすることはやめましょう
  • 告白を断ったあと、まわりに言いふらしたり、無視をすることはやめましょう
  • 告白の断り方は、相手の告白をしてきた方法に合わせましょう
  • 告白の返事は、なるべく早く、期間は1~2日までにはお返事をしましょう

中学生向けに告白の断り方を一通り解説いたしました。中学生になると、なかなか恋愛について親に相談しずらくなりますよね。

ましてや、告白されたけど、どうやって断ったらいいんだろうと誰にも相談できず悩んでしまうのも事実です。

中学生のあなたが、少しでもこの記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

長期休みの予定はお決まりですか?

いま楽天トラベルがとってもお得なセール中です。

お得なプランから埋まっていきます!!

お子さんがいる方は、大きくなると部活や習い事で家族旅行が難しくなることも。

旅行や帰省を検討されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

maru

はじめまして、まると申します。 子供が2人(8歳と5歳)います。 猫も2匹飼っております。 趣味は食べ歩きで、特にスイーツが大好きです。 これからよろしくお願いいたします