カテゴリ

白いハートにはこんな意味が!?ハートの色の意味一覧!!海外では伝わらない絵文字もご紹介♪

LINEやメールなどで使用されるハートですが、何種類か色が存在しますよね。

白いハートの意味は「あなたのことが好きでした」

黒いハートの意味は「あなたのことが嫌い」

となっています。では他のハートの色の意味は…?

日本人には伝わるお団子や日本酒といった日本特有の絵文字も、海外では伝わらないこともあります。

「海外の友達が送ってくるハートは何色かバリエーションがあるけど、何か意味があるのかな」

「海外の人とメールする機会があったけど、絵文字を使ったら困惑させてしまった」

今回は海外におけるハートの色別についての意味や、海外の方へは伝わらない絵文字、最後は虹色が海外で特別な意味を持つ理由をご紹介します。

ハートの色の意味を解説!!海外では特別な思いが込められている

海外の人にとって「色」には特別な思いが込められています。

その中でもよくメッセージなどを通じて送られるハートの色によっても、その意味は異なります。

ハートの色ハートの色の意味
白色「あなたのことが好きでした」
赤色「あなたのことを愛しています」
ピンク色「あなたは可愛いですね」
黒色「あなたのことが嫌いです」「ブラックジョーク」
黄色「あなたはユニークですね」
オレンジ色「あなたのことが好きです」
紫色「あなたは優しい人ですね」
茶色「あなたは私の親友です」
青色「揺るぐことのない確かな愛」
緑色「新しい出会い」「あなたのことが羨ましい」
色別で見るハートの意味

白色ハートの意味

白色のハートの意味は「あなたのことが好きでした」です。

「あなたが好きです」ではなく「あなたが好きでした」という過去形は切ないものがありますね。

何気なく使っていた白いハートにこんな意味があるなんて、今後は使う場面を考えてしまいます。

赤色ハートの意味

赤色のハートは「あなたのことを愛しています」という意味です。

日本でも恋愛感情を抱く相手に赤いハートを送ることがあると思いますが、海外でも同じ意味を持っています。

LOVEとしての愛情で、海外でも日本でも等しく愛情を伝えているものになります。

ピンク色ハートの意味

ピンク色のハートは「あなたは可愛いですね」という意味があります。

愛情の意味で使われているピンク色のハートですが、このハートは「恋」といった意味で使用されています。

黒い色ハートの意味

黒い色のハートは「あなたのことが嫌いです」という意味を持っています。

また、本当に仲の良い友人へ向けてのブラックジョークの際にも送ることがあります。

海外でこのハートを送る時は縁を切りたいというような拒絶の意味があります。

赤いハートやピンク色のハートを送ることはあると思いますが、なかなか黒いハートを送ったり送られたりする経験はありませんよね。

相手を見極めて送らなければいけないハートがこの黒いハートです。

黄色ハートの意味

黄色いハートは「あなたはユニークですね」という意味を持ちます。

もともと黄色は、友情や幸福などの表現に使われるものです。

明るい太陽の光のような黄色は陽気、希望を表すものですから、見合った相手に使いましょう。

オレンジ色ハートの意味

オレンジ色のハートは「あなたのことが好きです」という意味を持ちます。

他の赤いハートやピンク色のハートが恋愛関係の意味であるならば、こちらのオレンジのハートは「LIKE」の意味で使用されます。

友人へ向けて送ったり、恋愛感情を抱いていない異性に対して使いやすいハートの色と言えるでしょう。

紫色ハートの意味

紫色のハートは「あなたは優しいですね」という意味を持ちます。

思いやりの他にも「ロマンティックな愛」といった素敵な意味もありますので、恋人に送る人もいます。

茶色ハートの意味

茶色ハートは「あなたは私の親友です」という意味を持ちます。

茶色と言ってイメージされるのは大地に広がる土です。

ですから茶色のハートは、友人や落ち着いた関係の相手に送るのに適しています。

青色ハートの意味

青色ハートには「揺るぐことのない確かな愛」という意味が込められています。

海外の人はこの青ハートを恋人だけに送るわけではありません。

家族愛の意味として家族に、友愛の意味で親友に送ることもあります。

緑色ハートの意味

緑色ハートには「新しい出会い」という意味が込められています。

また、あまり良くない意味として「あなたのことが羨ましい」という嫉妬の意味が込められています。

送る時には注意するようにしましょう。

ハートの色以外で海外の人には伝わらない絵文字

ハート以外で海外の人には伝わらない絵文字をご紹介します。

絵文字絵文字の意味
🍶🏮🍡日本酒、提灯、団子
📛ネームタグ
💦💧汗や涙
🔰若葉マーク
🙇🙏ごめんなさい、お願いします
絵文字の意味一覧

日本酒、提灯、団子

絵文字に「🍶」「🏮」「🍡」などがありますが、これらは海外の人には伝わりません。

海外にはない日本特有の絵文字だからこそ、文化の異なる海外の人々には伝わらないのです。

ネームタグ

絵文字の中に「📛」という物がありますが、これも海外の人には伝わりません。

日本では園児のつけている名札のことですが、海外の人にとっては「tofu on Fire」と認識されているようです。

日本語に訳すと火の中の豆腐という意味になるので、なかなか面白いですよね。

汗や涙

絵文字の中に「💦」や「💧」がありますが、これも伝わりません。

海外では「雨」や「水」といったものだと認識している方も多いです。

若葉マーク

絵文字の中の「🔰」ですが、これは海外の人には意味が伝わりません。

日本では車の免許を取ると一年間、この若葉マークをつけることが義務付けられています。

しかし海外の人にとってはこの若葉マークが馴染みのないものですから、伝わらないことが多いです。

ごめんなさい、お願いします

絵文字の中の「🙇」や「🙏」といったものも、海外の方には伝わりません。

謝っていたり手を合わせるアクションですが、日本ではこういった文化が日常でも見られますよね。

しかし海外ではお辞儀などの文化は日常の中に存在しませんので、これも文化の違いで伝わらないということになります。

どうして伝わらない絵文字があるの?

これまで海外の人には伝わらない絵文字を紹介してきましたが、次になぜ伝わらないのか気になりますよね。

実は絵文字という機能が日本発祥だからです。

日本では当たり前の絵文字も、海外の人から見ると文化の違いで理解できないものが多いということです。

絵文字は先程のハートも含め、パソコンでもスマートフォンでも平等に表示されています。

虹色は海外では特別な意味を持つ

ここまで海外では「色」がとても重要な意味を持っていると説明してきましたが、その中でも虹色は「人類皆平等」という意味を持つほど特別です。

海外で虹色が特別だという認識ですが、これは日本でも広まりつつあります。

日本では「紫色」「藍色」「青色」「緑色」「黄色」「橙色」「赤色」の七色とされています。

しかし多い国では八色、一番少ない国だと虹は二色だと言われており、虹色は国や文化によっても認識がさまざまなようです。

海外の絵本やこどもの書いた虹色を見てみるとおもしろいかもしれませんね。

まとめ

  • ハートは色によって様々な意味を持っている。
  • 海外の人にハートを送る場合、相手との関係性を考慮した上で色には気をつけたほうが良い。
  • 絵文字は日本が発祥のため、海外との文化の違いで外国人に伝わらない絵文字がある。
  • 海外では色を意識しているが、中でも虹色は特別。
  • 虹色にも国によって認識が異なる。

今回はハートの色の意味と絵文字について、そして虹が海外で特別な意味を持つことを紹介しました。

あなたが海外の人と連絡を取り合う際、色の違いを覚えて参考にしてみてください。

相手との距離を縮められる機会につながるかもしれません。