カテゴリ

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

メルカリで普通郵便が届かないは嘘!?トラブルの原因と対処法を紹介!

メルカリは普通郵便で商品を送ると、届かないことがあるようですが、それって嘘!?いえ、ありえるんです。宛先不明で差出名もなく、行き場を失うことがあります。

メルカリは、ダウンロード数8,000万のフリマアプリで、利用者数はダウンロード数の9割と、他のフリマよりも圧倒的人気のアプリです。

私も購入したことがありますし、子どもの服などの出品もありますが、普通郵便や定形外郵便で「届かない」とメッセージが来たことはありません。

商品の取引きが普通郵便で、届かないとメッセージが来た!商品を受け取れない!そんなとき、相手が嘘をついている?と思ったあなた、嘘か本当か確認しましょう。

「届かない」とメッセージが来ることはメルカリはわりとあるみたい。

利用が多いとトラブルは起きやすいかも…でも嘘じゃないの?

メルカリで普通郵便が届かないは嘘!?トラブルの原因は追跡番号!

あなたは、普通郵便で発送したはずの商品が「届かない」というメッセージを受けた方、待っているけれど商品を受け取れていない方、どちらかですね。

私達は送った側であっても受け取る側でも、商品が間違いなく発送され、無事に受け取れるのが当たり前だと思っているので、届かないと不安になりますよね。

ほかのオークションサイトやフリマアプリと比べて、メルカリでは普通郵便で商品が届かない、ということが多いようなのです。なぜなのでしょう?

もしかして嘘をつかれているのではないか?と疑っていませんか?でも、購入した相手も、手元に商品がなければ「送ったと嘘をつかれている?」と思っているかも。

顔が見えない中でのやり取りですので、相手が嘘を言っているかどうかは分かりません。まずは情報を整理して、トラブルかどうか確認しましょう。

普通郵便(定型・定形外)は追跡番号がない!

追跡番号を付けるということは、その番号の物を他の物と差別化することです。いつどこを通過して、今どこにあるのかが分かり、迷子札やGPS代わりでしょうか。

普通郵便は送料が安いぶん追跡番号がありませんので、届かなかったり物がなくなったりしてしまっても、ほかの物と区別がつかず探しにくいということです。

まれに、誤配送やほかの物にまぎれて見えなくなってしまっていた、ということもあるようなんです。

そのようなときにも番号がないと探すのが大変で、1ヶ月後に届いたというケースもあります。

普通郵便は配達までに日数がかかる!

普通郵便では、他のメルカリ便やレターパックなどに比べて、出品者から発送の連絡が入ってから購入者のもとへ届くまで、時間がかかるんですね。

普通郵便で発送するくらいの、小さいサイズの配達方法を一覧にしてみました。

普通郵便ネコポスゆうパケットポストゆうパケットクリックポストメルカリ便
配達日数平均で3~4日
遅くても5~10日
*土日は休配
翌日~2日発送日から2~3日
プライバシー配送は
3~4日
発送日から2~3日
プライバシー配送は
3~4日
発送日から2日後
遠方は3日以上
翌日~3日
追跡
補償
料金84円(普通郵便)~
1,350円(定型規格外)
最大サイズ角A4
厚さ3㎝以内
重さ1kg以内
210円
専用箱もしくは
専用シールが必要
3辺合計60㎝以内
重さ2kg以内
(ポストに入る大きさ)
215円
荷物サイズ3辺
合計60㎝以内
重さ1kg以内
230円
最大サイズ角A4
厚さ3㎝以内
重さ1kg以内
185円
ネコポス/210円
コンパクト便/
450円(専用BOX
が必要/70円)

郵便局が民間委託になって、2021年10月から土曜日の配達を休止していますが、ご存じでしたか?

もともと日曜・祝日の配達はなかったので、土・日の週末は届かず、月曜日が振替休日だと、週明け火曜日まで後倒しされるのです。

メルカリで普通郵便を使うような小さい商品は、販売価格が低いことが多いですよね。

普通郵便などで、できるだけ送料を抑えて利益を出したい気持ちはありますが、速さや安全性も大切です。

普通郵便(定型・定形外)には補償がない!

追跡番号がないと所在が分かりませんし、届かないからと言って郵便局やメルカリ事務局の方でも、商品代金や普通郵便の送料なども補償はありません。

先の表にも書いていますが、普通郵便と比べて他の発送方法は割高ではあるものの、補償や追跡番号が付くものばかりです。

追跡番号がない普通郵便だと、メルカリの取引で、届かないや発送したと嘘をつくことも可能で、言われた側が損をすることになってしまう可能性が大きいのです。

「ゴネ得」とは言いたくありませんが、嘘をつくようなユーザーも一定数いて、もしかしたらそういう人を相手にしていたのかもしれません。

そうなると、泣き寝入りするしかないのかな…とあきらめがちですが、あきらめずに商品を探してみましょう。

基本的に、郵便事故はほぼ起こらないんですって。誤配送や、住所が違っていて届かないのが多いみたい。

住所が間違っていると差出人へ返送されるようになってるのです。

商品を発送するときは自分の住所と名前をしっかり書きましょう♪

メルカリで普通郵便が届かない対処法!メッセージ例も教えます♪

メルカリの取引きでは、お互いに顔を合わせることがありません。相手がどういう人か見た目で判断ができないのです。

そのため、たとえば嘘を言って相手から商品をタダでだまし取ろうとか、商品が手元にないのに販売し売上げを取ろうとする人がいない、とは言い切れませんね。

お互いに相手が嘘をつくような人とは思っていないはず。嘘じゃないの?と怪しんでいても解決しません。

普通郵便で取引きをして、「届かない」とメッセージが来たら、誠意を持って順番に対処していきましょう。

あなたはまず、相手へ謝罪(お願い)の取引メッセージを送ろう!

あなたの取引きメッセージに「まだ商品が届かないのですが」というメッセージが届いたら、まずは謝罪のメッセージを送りましょう。

または、到着予定日を過ぎても商品が届かないようなら「商品がまだ届かないのですが」という内容の取引メッセージを送ります。

普通郵便(定形外郵便も含みます)は、到着まで平均で3〜4日かかります。土日や祝日が到着予定日だと、さらに到着まで日にちがかかります。

発送通知のあと、何日経っていますか?到着予定日は調べましたか?発送の通知を送ったり受け取ったりしただけで、安心してはいけませんよ。

普通郵便だと発送先の住所がわかるので、差し出した(出された)最寄りの郵便局から、到着予定地(自宅)へいつ届くか、郵便局のホームページで調べられます。

メッセージに使えそうな例を載せておきますので、参考にしてみてください♪

ポイントは丁寧な言葉で!①謝る(お願いする)、②到着予定日を知らせる、③不在連絡や家族で受け取った人がいないか確認、④自分も探す、を伝えます。

ていねいな言葉づかいでメッセージを送るのがポイントね!

まずは、あなたが出品者だった場合のメッセージよ♪

  • 「大変お待たせして申し訳ありません。〇月〇日に発送が済んでおり、〇月〇日に到着予定となっております。今しばらくお待ちください。」
  • 「お待たせしてしまい、申し訳ありません。配送日数を確認したところ、すでに到着予定日を過ぎております。」
  • 「お手数おかけして申し訳ありませんが、お手元に不在連絡票などが届いていないか、確認をお願いできますでしょうか。」
  • 「私の方でも商品が手元に残っていないか、再度確認してご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。」

次は、あなたが購入者だった場合のメッセージね♪

  • 「発送通知を受け取ってから〇日が過ぎておりますが、まだ商品が届きません。」
  • 「お忙しいところ大変申し訳ありませんが、商品の発送忘れなどがないか、いま一度確認をお願いできますでしょうか。」
  • 「私の方でも、不在通知などが届いていなかったか再確認してみますので、よろしくお願いいたします。」
  • 「やはり見つかりません。申し訳ありませんが、郵便局のホームページから配達事故の届け出を出していただけますでしょうか。」
  • 「ご面倒であれば、こちらで手続きいたしますので、発送したポストの場所、商品の梱包状態、特徴などをお教えください。」

もしも商品を受け取っているにもかかわらず、嘘をついているのではないか?という相手なら、対処として有効ですよ。

相手も良心がないわけではないと思いますので、ていねいなお願いのメッセージを送ることで「嘘をついて申し訳ない」と思わせることができます。

また発送したと嘘をついていれば、発送したときの梱包状態や包装の特徴などを確認することで、相手に「まずい」と思わせる対処として有効でしょう。

あなたの間違いがないか、再確認しよう!

誰しもが「ついうっかり」ミスをするものです。出品者であれば念のため、商品を送り忘れていないか、自宅を確認してみましょう。

私は一度ですが、梱包した商品を用事を済ませたら発送しようと思って車に持ち込んで、そのまま送り忘れて、翌日気がついて慌てて発送した経験があります。

また、郵便局へ直接持ち込めば、間違いなく当日や翌日の集荷になりますが、通りがかったポストへ投函した場合は、集荷が遅れることも考えられますね。

購入者の場合なら、自分以外の家族で商品を受け取った人がいないか、不在連絡票を見落としていないか、ポストの中などを再確認してみましょう。

間違いがないなら、郵便局へ調査依頼!

手元に発送済みのレシートが残っていたりすれば、おそらく発送は済まされていると思いますので、あとは郵便局で状況を調べましょう。

集荷中の事故はなかったか、集荷が休みの日に発送していないか、天候悪化で配達の遅延が起きていないかなど、遅れの原因となることはないか確認します。

調べた内容を相手へ連絡し、発送済みなら郵便局のホームページに「郵便事故のお申し出」というサイトがありますので、そこから郵便物の調査を依頼しましょう。

調査の申し出は、最寄りの郵便局の窓口からでも受け付けてくれるようです。

また、差し出した場所が不明なときや国際郵便の場合も、郵便局の窓口で申し出るようになっています。

荷物の状況や特徴、発送した場所など、発送状況に関した情報を記載するので、できれば出品者側で手続きした方がスムーズにいきそうです。

郵便事故の調査は、最短で2週間から長ければ1ヵ月程度かかり、かなり時間がいる作業ですがきちんと対処され、結果の報告もしてくれます。

集荷した郵便局・配達した郵便局はどこなのか、宛先不明で保管されていないか、誤配達がないかなど細かく調査してくれます。

調査経過は「郵便事故のお申し出」のサイト内に、「調査内容のご照会はこちら」というところがあり、そこから確認ができます。

メルカリ事務局へ連絡を忘れずに

メルカリ事務局への連絡も忘れず行います。何も連絡をしなければメルカリ事務局の方で、自動で取引を完了されてしまいます。

こうなってしまっては、相手が嘘をついて不正に取引きをしようとしていたとしても、ただ泣き寝入りするしかない状況になってしまいます。

郵便事故の調査依頼をしたことや、相手に商品が届いていないあるいは、商品を受け取れていないことをメルカリ事務局へ連絡しましょう。

ここまでのやり取りの中で、お互いに合意があれば、取引きそのものをキャンセルすることも可能です。取引き画面の下の方に選択ボタンがあるはずです。

もしも相手が嘘を言っているのではないかと感じたときには、損をしないための対処として、取引きのキャンセルを申し出ても良いのではないでしょうか。

メルカリで普通郵便が届かない対策3選を紹介!

追跡番号や補償が付いた発送方法を選ぼう!

メルカリでは残念ながら、普通郵便のような追跡番号が付いていない発送の取引だと「届かない」と嘘をつく人がいるのも事実のようです。

メルカリ以外のフリマやオークションでは、普通郵便でも届かないという郵便事故はほとんどないようですよ。

そのような悪意をもった相手がいることも考えると、追跡番号が付いた発送方法を選ぶことが最大の対策!

上の一覧でも書きましたが、他の発送方法でもそれほど金額に差はなさそうですし、何より安心です。

トラブルに巻き込まれないためにも、普通郵便で送ることはできるだけ避けたほうが良さそうですね。

購入時にも、発送方法が普通郵便なら他の発送方法へ変更してもらうなど、追跡番号が付いた方法で取引きしましょう。

できれば、配送中の事故など何かあったときのために、補償も付いている方がより安全ですね♪

メルカリの取引きならメルカリ便を使うことで、配送時のトラブルがあったとき、メルカリが商品代金・販売利益の全額を補償してくれますよ。

発送したときの、梱包状態を画像に残しておく!

普通郵便に限ったことではありませんが、配送中の事故や悪天候で遅延など、どうしても自分では避けられない場合もありえます。

購入者から「届かない」と連絡が来たときに、発送日時と到着日や遅延している、あるいは調査中という返信とともに、荷物の画像を添付することで相手は安心ですね。

先にも書きましたが、お互い顔が見えない中で取引をしているので、そのような対応をしてくれる出品者なら安心、と信頼が取り戻せますよ♪

ていねいに応対することで取引き相手との信頼関係ができあがることは、相手に嘘をつかせないための対処として大切です。

また、商品の梱包状態を画像に残すことは、出品者側にとっても送り忘れに気が付きやすいですし、他との区別がつき、誤配送を防ぐ対策にもなります。

配送中に破損したりしないように、ていねいに梱包しよう!

あなたが購入した側だとして、商品を開けてみたら壊れていたり液もれしていたりしたら、がっかりしてしまいますよね。

相手も、手元に商品が届いて、商品ページの画像と違う壊れた状態で商品が届いたら、がっかりするか、怒ってしまうかもしれません。

そうなったとき、もしかしたら「届いていない」と言って、再送付させたくなることも、ないとは言い切れないと思うのです。

購入してもらったときと変わらない状態で届けるには、商品が壊れてしまわないような対策として、ていねいな梱包を心がけましよう。

そうすると、相手から見た自分への印象が良くなりますし、「良い出品者」と評価されることで、次の取引きにもつながりますね♪

追跡番号や補償が付いていることで、出品者側も購入者側も安心して取引ができるわね♪

今はほとんどが匿名配送。普通郵便は匿名にできないから個人情報を相手に知られてしまうし、心配があるわ。

まとめ

  • メルカリでは普通郵便で届かないというトラブルは、嘘ではないが、他のフリマアプリやオークションと比べて多い
  • メルカリで普通郵便を利用すると、届かないや発送したと嘘をつきやすいのは、追跡番号がないことと発送から到着まで日数がかかることが原因
  • メルカリは利用者数が多いので、お金を稼ぐために嘘をつく人や、お金をかけずに欲しい物を手に入れたい、と考えるような人が残念ながらいる
  • メルカリでは、届かないというトラブルにならないよう、発送は追跡番号が付いた方法を選び、普通郵便での発送はできるだけ避けた方が良い
  • メルカリで普通郵便に代わる方法は5種類ほどあり、サイズや重さで料金が変動するが、追跡番号や補償が付いていて安心な取引きができる
  • メルカリの発送前に、商品の梱包の様子や包装状態などを画像に残し、紛失の調査に役立ち、もしも嘘をつかれた場合には発送の証拠にもなる
  • メルカリで商品を発送するときは、配送トラブルを避けるため、梱包は中の商品が壊れないようていねいに行うことが大切

せっかくのメルカリ取引き、お互いに気持ちよく完了したいものですね。できれば配送中の事故や届かないなんてトラブルにはあいたくないです。

私もあなたも、嘘をつかれたりトラブルに巻き込まれたりしないよう、安心な配送を選び怪しげな相手に注意して、メルカリを楽しみましょう♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事