NPO法人 環境みらい下関|循環型社会の形成へ市民活動を活発化させよう 


トップページ
法人案内
施設案内
教室案内
行事案内
活動紹介
募集案内
リンク集
見学者の声
図書室
みんなでつくる滝部駅
しものせき竹取物語
・生ゴミ循環資源活用モデル事業
   ・社会を変える第一歩
   ・事業概要
   ・生ゴミ堆肥でごみ減らし
ニュースレター「環境みらい」
環境コラム
環境クイズ
環境問題ABC
再生工房
エコ商品販売コーナー

問合せフォーム







生ゴミ循環資源活用モデル事業 




生ごみ堆肥化運動は社会を変える第一歩


全体を構成する部分(国・地域)が「持続可能な社会」を構築することなしに、全体(地球・国)が「持続可能な社会」となることはあり得ません。

ある部分が、他の部分の自然や社会を破壊するようでは、「持続可能な社会」の到達はありえません。従って、「持続可能な社会」を確立するためには、部分の権限の強化が不可欠となります。当然のことを言っているにすぎませんが、国際的にみても、現実はこの理念と大きく隔たっています。富める国と貧しき国、大量生産・大量消費・大量廃棄のライフスタイルで汚染物質を撒き散らす国と明日の食べ物にも事欠く国、資源を収奪する国と収奪される国。一方、先進国も開発途上国も差別なく襲う地球環境の悪化。このような現実を正さないかぎり、人類の未来はありません。現在の矛盾に満ちた社会を「持続可能な社会」に変える以外に道はないのです。このような状況が「地球の自立」という思想を生み出したのです。

もちろん、現在の社会経済状況のもとで、完全な「地域の自立」を実現することは不可能ですし、それがつねによいものとはかぎりません。しかし、「自立」への努力の中でこそ、いままで見えなかったものが見えてくるのです。例えば、自己の属する地域の廃棄物が他地域に搬出され、そこの環境を汚染し、その地域の人々の健康をむしばんでいることを知れば、ごみ減量化の意識が芽生えるでしょう。自分たちの使うエネルギーが、他地域に存在し、その地域の人々の生活を脅かしている原子力発電施設によって保障されていることに気づけば、エネルギーを節約しはじめるはずです。その際、徹底した情報公開が不可欠であることは言うまでもありません。このように、現在の社会経済状況のもとでは、「自立への努力」は、自律と裏腹の関係にあるのです。

地域ぐるみで生ごみの堆肥化に取り組んで成功している東村山市では、現在一極に集中しているごみ処理施設の分散化につながり、市内のごみ処理負担の公平化をもたらすという観点で、ごみ集積所・大型ごみ処理機の設置を集合住宅にお願いし、受け入れられています。地域にごみ処理機を設置し、地域ぐるみで生ごみの資源化に取り組むと、家庭から排出される生ごみが減り、環境問題への関心がさらに高まったといいます。

生ごみの堆肥化運動も、廃棄物の減量化だけでなく、物質循環、地産地消など、「自立」のための課題とかかわりをもっている点で、「地域の自立」へのよい架け橋となりうるのです。





「生ごみ堆肥リサイクル」概要
      ****申し訳ございませんが、只今生ごみ堆肥化はお休みしております****


1.事業の目的

家庭から排出される生ごみを循環資源として活用し、生ごみの減量及び再資源化を推進し、環境負荷の少ない循環型社会の形成を図るとともに、グリーンサイクルや地球温暖化防止に寄与する。

2.事業概要

【生ごみ堆肥化の重要性について啓蒙・啓発】
生ごみ堆肥&ベランダ菜園サークル開催
(毎月2回 第1・3日曜日10時~12時)
・生ごみ堆肥化出張講座
(10~40名程度で講習・実習を含め2時間程度。詳しくはNPO法人環境みらい下関まで)

・生ごみ堆肥実験コーナー設置
(興味をお持ちの来館者への説明)

【乾燥ごみの回収】
・電気式ごみ乾燥機からでる乾燥ごみを回収し、堆肥化することによりごみの減量に寄与する。

【生ごみ堆肥を使用し、里地づくりに貢献】
・生ごみ堆肥化実践者で、その堆肥を使用して菜園を希望される方に農園を貸出し、菜園を通じて荒
廃地の防止を図る。
・環境みらい館にて来館者への興味を引くため実験コーナーを設置




生ゴミ堆肥でごみ減らし
     ****申し訳ございませんが、只今生ごみ堆肥化はお休みしております****

現在、NPO法人環境みらい下関では生ごみ減量および再資源化を推進し、環境負担の少ない循環型社会の形成を図るため、家庭から排出される生ごみを循環資源として活用するシステムに取り組んでおります。
 「環境みらい下関」において、ぼかし(有用微生物群)を使用したキッチンリサイクラーによる堆肥づくりや、米ぬか・ピートモス・くん炭を使用した段ボールコンポストによる堆肥づくりの実験を行っております。
 そこで、我々と同じ思いをお持ちの方、これから始めようと思われている方たちと悩みを共有しながら堆肥づくりを進めていきたいと思っております。
 又、長年堆肥づくりを経験されておられる方の貴重なお話もお伺いしたいと思っておりますので、是非「環境みらい館」へお立ち寄り下さい。


尚、当館は毎週月曜日が休館日になっております。(月曜日が祭日の場合は翌日)
営業時間 10:00~17:00







2012.0929m
Copyright (C) 2009 kankyo mirai shimonoseki All Rights Reserved
NPO法人 環境みらい下関|〒751-0847  山口県下関市古屋町一丁目18-1|TEL.083-252-7220  FAX.083-252-7222