NPO法人 環境みらい下関|循環型社会の形成へ市民活動を活発化させよう 


トップページ
法人案内
行事案内
活動紹介
募集案内
リンク集
みんなでつくる滝部駅
しものせき竹取物語
菜の花プロジェクト推進事業
ニュースレター「環境みらい」
環境コラム
環境クイズ
環境問題ABC

問合せ先





第2回環境みらい大賞 




このたび、当法人によります「第2回環境みらい大賞」の募集をいたしましたところ、全国の方々から多くの作品のご応募を頂き大変感謝しているところです。
ご応募頂いた作品のうち、10月2日開催の下関エコフェスタの会場において、不特定多数の来館者の皆様に投票して頂いた結果をもとにワークショップを開催し、その結果も合わせて、下旬に開催した選考委員会において選考(絞り込み)を行い、最優秀賞1点、優秀賞3点、佳作4点の計8作品を選ばせていただきました。
選考に当たり、応募いただいた各作品は多彩で、なおそれぞれ今の地球と自然の環境を何とかしたいと願う皆様の思いがひしひしと感じられ、選考に大変苦心いたしました。本当にご応募頂きありがとうございました。
この大賞につきましては、今後も引き続き行うよう考えており、その際は当法人ホームページに掲載いたしますので、その節は皆様方からの多くのご応募をお待ちしております。

特定非営利活動法人 環境みらい下関
理事長  坂本紘二


※応募状況   ※審査風景   ※募集要項


最優秀賞 (受賞作品)
吉谷正美 様 板橋区 51歳 作文
優秀賞   (受賞作品)
岡山和男 様 青森市 54歳 ポスター
平良志帆 様 下関市 16歳(山口県立下関西高校2年) イラスト
野村広樹 様 長岡京市 28歳 イラスト
佳作    (受賞作品)
高島亮三 様 西東京市 39歳 イラスト
内村美里 様 下関市 10歳(下関市立川棚小学校4年) イラスト
福島宗之  様 北九州市 29歳
堀山有里子 様 さいたま市 38歳 作文





最優秀賞
吉谷正美 (51) 板橋区

▲選評:誰もが心すべきいま最も大事なことを、ズバッと力強く言いきって、実に小気味よい。自然(生態系)に戻(環)らない、しかも毒性のある物質を、私たちはこれまでいかに沢山作ってきたことか。この標語は、東日本大震災と福島原子力発電所の事故の経験から得られた教訓の一頭最初に挙げるべきものなのかもしれない。わがNPO「環境みらい下関」の今年度のスローガンに掲げた「C2C(ゆりかごからゆりかごへ)」のデザイン思想とも相通じている。






優秀賞
岡山和男 (54) 青森市

▲選評:強い意志が萎える時、ホントにいろんな悪魔のささやきに襲われる。心すべきことはわかっていても、面倒くさがって誰もがついつい陥りそうな「まっ、いいや」の頭の中のつぶやきや言いわけの数々。それらを見事に言い当てながら、私たちの弱さに自覚を迫る。実に巧みな切り絵図の呼びかけだ。




平良志帆 (16) [山口県立下関西高等学校2年] 下関市

▲選評:動物たちの悲鳴が添えられて、自分の思いをそのままに「STOP地球温暖化」が率直に描かれている。止めようという強い意志が込められ、動物たちと響き合う「自然的共世界」が夢見られる。その単刀直入でシンプルな表現に誰もが共感する。




野村広樹 (28) 長岡京市

▲選評:わがNPO「環境みらい下関」のスローガンの一つは、≪里づくり都市しものせき≫の実現に向けての「都市部にも菜園を広げよう」だ。それを絵(あるいは設計スケッチ)にするとしたらこの作品のようになるのだろう。屋上やベランダを初め、ビルの谷間の緑化など都市部で可能なあらゆるところに菜園と緑地を広げた街の姿。それは決して絵空事ではない、きっとどのような街でも実現できる、と思わせる。








佳作
高島亮三 (39) 西東京市

▲選評:リサイクルマークと無料の0(ゼロ)円とを組み合わせたアイデア、および不用になったものを不特定多数の人たちに引き取ってもらうための実際的なアイデアが面白いだけではない。「楽しむための5つのルール」など、企画のデザインがきちんと整えられていることも素晴らしい。人と人との関係を豊かにすることで、不用品の引き取り手である「捨て場所」をいかに増やすかは、廃棄物を減らすための決め手である。その極限の形が図になっている。実行に移されてうまく機能すればきっと廃棄物は段々と「0(ゼロ)」に近づくに違いない。





内村美里 (10) [下関市立川棚小学校4年] 下関市

▲選評:私たちの日々の営みの大半は、身の回りを自分たちにとって望ましい環境にするためにあるのに違いない。その場合、私たちの身の回りの状態がどのようであったらよいのか、そして、その望ましい状態(環境)がどのようにイメージできているかが問われるのではないか。
自分たちの小学校の校庭や校舎の、望ましい状態(環境の姿)を率直に描こうとしたのがこの作品。固い素材や無機質な空間に囲まれる今の環境ではなく、柔らかい素材や様々な生き物や植物と触れ合うことのできる環境を求めている切実さが伝わってくる。




福島宗之 (29) 北九州市

▲選評:「トラフグ君」は、何を表しているのだろう。生態系の中で別な生き物(人間も含む)が排出(アウトプット)したものを、何でも食べ(インプットし)てくれる生き物の全体を象徴しているのだろう。
システム全体として排出物が無くなってしまうのを「ゼロエミッション」と言う。それは生態系のしくみに学ぶところから生まれた発想で、エコのとりくみの大事な考え方でもある。
「トラフグママ」とのやりとりについつい引き込まれ、末尾でハッとさせられて、ゼロエミッションの大事なしくみに気付かせる。わかりやすい詩によるメッセージは、今回の最優秀賞の作品と見事に呼応している。




堀山有里子 (38) さいたま市

▲選評:「抱いた子に教えられ」というのは、よくあることなのだろう。ところが親の浅知恵で、なかなか受け止めきれない親が大半であるのも事実なのだ。
「地球を守るために何ができるの」と問いかけられたこのお母さんの、素直で正直な受け止め方の何とすがすがしいこと。しかも「言葉でなく」「親の背中で答えていきたい」の、決意表明の何といさぎよいこと。エコライフの達成には、人としての資質すらも問うてくるということか。









応募状況


種類別応募件数
  アイディア 45件
  イラスト 41件
  作文 24件
  詩 6件
  写真    6件
  ポスター 2件
  標語   1件
  合計 125件
 
   
応募区域別
  下関市内 30人

下関市外 95人 合計 125人
男女別
  男性 58人 

 
女性 67人 合計 125人 
年代別
  10代(10代未満含む)  70人  
  20代  16人  
  30代  10人  
  40代  7人  
  50代  15人  
  60代  3人  
  70代  2人  
  年代不明   2人  
  合計  125人  





審査風景


応募作品発表(10/2エコフェスタにて)
応募作品発表(10/2エコフェスタにて) 応募作品掲示(10/2エコフェスタにて)
 
公開一般投票(10/2エコフェスタにて) 選考委員会による最終選考(10/21)
選考委員会による最終選考(10/21)










※第一回環境みらい大賞(2010年度実施)の受賞作品






20140121mt
Copyright (C) 2009 kankyo mirai shimonoseki All Rights Reserved
NPO法人 環境みらい下関|〒750-0009  山口県下関市上田中町2丁目5-2|TEL.083-223-2001  FAX.083-223-2277